Re: 原発貯水池漏洩が物語るこの国の政治の限界

天木様

お世話になっております。

> 問題を解決できないこの国の支配体制の権限を縮小し、一般国民の声をもっと直接的に政治に反映させられる政治システムが出来なければいけないということだ。

少し前に読みました「アメリカを占拠せよ!」(N・チョムスキー著)に次の件がありました-

「たとえば、世論調査を見てみると、今の議会の連中はすべて追い出してそっくり近所の人たちと入れ替えるべきだ、そのほうがいい仕事ができると、半数の人たちが思っています。議会を支持している層はひと桁だけ。なのに誰も『自分に何かができる』とは考えていない...」

そして、米大手メディアは一般人に無力感を植付ける宣伝工作を繰り返しているとのことです。

週刊金曜日の最新号に載った堀潤氏のインタビューでは、NHKが権力のイヌでしかないことを改めて思い知らされました。

先日のメルマガ記事「正しい告発者が報われる社会にしなくてはならない」にも関連しますが、つまりは、この国の支配体制に少しでもヒビを入れようとすれば、権力側は抜け目なく潰しに掛かり、また、潰し易いような仕組みをあれこれ整備しているのが現状と思います。
従って、チョムスキー氏が何度も言及していたように、これからも息の長い闘いを覚悟しなければならないようです。

そこで、先ずはあらゆる組織で「堀潤」が現れること、そして彼らが所属組織を辞めても、そこそこ「食べていく」ことができ、やりたかった仕事も続けることができること-そのような環境作りが急務と思うのですが。これも昔メルマガで指摘されていた気がしますが...

今後ともよろしくお願いいたします。

T/メルマガ読者